男の人

早いうちから婚活を始めよう|結婚相談所を活用しよう

現代の結婚事情

メンズとウーマン

早ければよいとは限らない

現代の日本では晩婚化が進んでおり、その一つの要因が大学進学率の上昇だと考えられています。社会人としてのスタートが遅くなれば生活基盤を固めるまでに時間がかかり、結婚を考える余裕ができる頃には30代目前になってしまうのです。実際に男性の平均初婚年齢は既に30代に突入しており、結婚までに異性との交際経験がない人も珍しくはありません。女性の平均初婚年齢も29歳を超え、あとわずかで30代に達します。女性にとっての30代とは仕事のキャリアプランだけでなく、妊娠・出産についても考慮しなければならない大切な時期です。積極的にパートナー探しをする行動は「婚活」と名付けられ、民間企業のみならず自治体も交流イベントを主催するに至っています。真剣に結婚を考えている人が集まっているのが結婚相談所です。結婚相談所には仲人、アドバイザーなどと呼ばれる相談員がおり、登録者同士の引き合わせ、交際の進め方についてのアドバイスを行っています。異性との交際経験が少なく、相手とどのような話をしてよいのか見当もつかないという人には、料金は高めになりますが、一人一人に専任の担当者を付けてくれる結婚相談所が適しています。一方、他人に交際について話すのは恥ずかしいという人にはインターネットを介した紹介ツールを主体としている結婚相談所がよいでしょう。こちらは比較的廉価な料金で利用できるので、とりあえず婚活に挑戦してみたいという人も登録しやすい仕組みです。